巷で人気の睡眠薬!私のマイブームはもちろんアモバン

睡眠薬の知識

人間だったら、多少睡眠不足とか寝つきが悪いとかの睡眠障害があります。
時々眠っている間に突然目が覚めてしまったり、十分な時間眠ったはずなのに、熟睡した感じがしなかったり、朝3、4時目が覚めて、そのあと再び眠いことができなかったりする現象がみなさんたぶんあると思います。
上記の現象が健康に悪い影響を与える可能性が高いと言われています。
原因はいろいろあります。現代社会ですから、寝る前までPCやスマホなど特にスマホを使う習慣があること、カフェインの入った飲料などを飲みすぎること、夜遅く食事や激しい運動とかをすること、などが寝付くことがなかなかできない原因といわれています。
不眠症や睡眠障害を治す薬は睡眠薬と呼ばれます。睡眠時の不安を退き、寝つきをよくして不眠症や睡眠障害を正常な睡眠状態を戻らせるために用いる薬である。睡眠薬も種類があります。
上記に書いてあった睡眠の障害の特徴と同じようにいくつかのタイプに分けられています。超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型などに分類されています。それで時間によって、使う睡眠薬の種類も違います。
ここでみんなしているアモバンとルネスタという薬を少し触ってみます。
アモバンという睡眠を治療する薬として1989年に我が国に認可されて、世界最良といいます。もちろん超短時間作用型に分けられています。この薬には7.5mgと10mgの2種類があります。
主な原理は中枢神経を作用して、通常の自然な周期的な状態での眠りを導く催眠薬です。この種類の薬には不眠症があるときに、不眠症の症状を一時的に治すために服用する薬です。
ルネスタも超短時間作用型の薬として睡眠不足を治す業界で活躍しています。この薬の唯一の特徴は即効性があるとのことです。ですから、この薬が寝付けないや入眠障害で困っているなどの方々に向かっています。
高齢者に効果があると表明されています。
アモバンもルネスタも飲んでから、口の中に苦味が残らないので、薬に苦手な人にとって一番いいと思います。

不眠症の改善には睡眠薬のアモバンがオススメ!

メニュー